コラム|愛知県蒲郡市港町で歯科をお探しの方は杉本歯科クリニックまで

9:00~13:00 / / /
14:30~19:00 / / /

★9:00~12:30/14:00~16:30
休診日:木曜・日曜・祝日

0533-95-1182
各種保険取扱
  • 電話
  • メニュー

むし歯を防ぐために知ってきたいポイント

皆さんこんにちは。

蒲郡の杉本歯科クリニックです。

 

多くの方が悩まされるお口のトラブル「むし歯」。
今回はむし歯になる原因や、むし歯を防ぐ方法についてお話しします。

 

むし歯ができる原因

お口の中は普段は中性の状態ですが、食事をすると酸性に傾きます。
酸性になったった時、むし歯菌などの細菌が歯に付着してプラーク(歯垢)を作り、食べ物に含まれる糖質を栄養にして酸を作り出します。
この酸が歯の表面を溶かす「脱灰(だっかい)」を起こし、脱灰が進むとやがて歯はむし歯になっていきます。
しかし、唾液や歯磨きにより、歯は「再石灰化」して、再びお口の中を中性に戻していきます。

ですが、歯にプラークが付着した状態で、食事や間食をダラダラ続け、歯磨きをきちんとしていないとどうなるでしょう?
当然お口の中は酸性のままで、歯の脱灰が進んで再石灰化するタイミングがなくなるため、むし歯になってしまうのです。

 

むし歯を防ぐために

むし歯を防ぐためには、歯が脱灰しても、しっかり再石灰化を促す状態を作ることが必要です。
つまり、むし歯菌を減らすためにプラークの付着を防ぐことや、むし歯菌の栄養となる糖分がお口の中に残しておかないことです。

 

このために、起きたときや寝る前、食事の後などにしっかりと歯磨きをしてプラークを落とす、規則正しい食生活を心がけてお口を酸性の状態にしておかないといった、一見当たり前のようなことを毎日しっかり行うことで、むし歯のリスクは減らせます。

 

定期検診の重要性

普段の生活習慣を見直すことはもちろん、定期的な歯科検診もむし歯予防には効果的です。
定期検診では、お口の中が健康に保たれているかを確認するほか、フッ素塗布やクリーニングを行います。

むし歯は、痛みが出る頃にはすでに進行している状態です。
定期検診では、まだ症状のない初期の段階で発見することができるので、進行する前に処置を行うことができます。
さらに、フッ素を歯の表面に塗ることで歯を強くし、再石灰化しやすい歯質にします。
また、どんなしっかりと歯磨きをしていても、完全にプラークを落とし切ることは不可能です。
定期的にプロによるクリーニングで、歯をすみずみまできれいに磨きあげることも大切です。

 

まとめ

ちょっとしたことで、むし歯になりにくい歯をつくることができます。
むし歯をつくらないことは、健康なお口づくりには欠かせない要素であり、いつまでも楽しくお食事や会話を楽しんで生活できることにもつながっていくのです。
当院では、定期検診で皆様の健康なお口づくりをサポートいたしますので、お気軽にご来院ください。

 

ページトップへ