ブログ|愛知県蒲郡市港町で歯科をお探しの方は杉本歯科クリニックまで

9:00~13:00 / / /
14:30~19:00 / / /

★9:00~12:30/14:00~16:30
休診日:木曜・日曜・祝日

0533-95-1182
各種保険取扱
  • 電話
  • メニュー

歯の接触癖って?

2018年9月14日

最近だいぶ涼しくなってきましたね。

みなさん体調はいかがですか?

 

さて今回は、『歯の接触癖』のお話をさせていただきます。

普段みなさんは、お仕事や家事をしている時、下を向いてスマホを見ている時、何かに集中している時、

上下の歯同士を噛み合わせていたり、触れていたりしていませんか?

 

実はそれ、歯にとって良くないことなんです!

 

え、どういうこと!?

そう言われて初めて気がつく人や、上下の歯って普段当たってるのが普通だと思ってたという人が大半ではないかと思います。

日常の動作で無意識に歯を食いしばったり歯を当ててしまっている、

僕らはそれを『歯の接触癖』、または『TCH(Tooth Contacting Habit)』と呼んでいます。

 

上下の歯は通常、食事や会話などの機能時に瞬間的に触れ合うだけであり、その接触時間は1日20分以下と言われています。

それ以上の歯の持続的な接触は、小さな力でも歯に少しずつ悪影響を与えます。

歯への蓄積した力の影響で、

・歯が削れたり亀裂が入る

・よく詰め物や被せ物が取れたり壊れる

・力の偏った歯の虫歯や歯周病を悪化させる

・歯がなんとなく痛い

などなど、様々な歯の症状は歯の接触癖によるものかもしれません。

また、歯を接触させるだけでも筋肉、舌などの組織は疲労していきます。

それらは肩こりや頭痛の原因になっているかもしれません。

 

通常、人は安静時に上下の歯の間に2㎜ほどの隙間ができると言われています。

神経質になる必要はありませんが、もし普段の食いしばりや歯の接触に気づいたら、一度フーっと息を吐いてアゴの力を抜いてリラックスしてみましょう。

上下の歯は離れているはずです。

この文章を読んでいる今、食いしばっていた人は要注意です!

 

常日頃から、『食べる、飲み込む、話す』以外は歯を合わせない!

アゴをリラックスさせて過ごしましょう。

 

さらに詳しい話を聞きたい方、心当たりのある方は当院まで!

お待ちしております!

 

 

ページトップへ